ベーシスト永井健二郎オフィシャルブログ

TRAFFIC INFORMATION トリオバージョン レコーディング3日目!!

ドラムとギターの録音が終わり、残すはベースを残すのみとなりました!!
思い返すとファーストアルバムのROUND1は基本せーの、で一発録り。
セカンドアルバムのROUND2はベースからギター、ドラム、パーカッション、キーボード、という順番で別々に録音。
今回はドラム、ギター、ベース、という順番なので、毎回録り方が違うんだなー、と少ししみじみ(笑)

今回のトリオのレコーディングでのボクのコンセプトは、超多弦ベーシスト永井健二郎を確立すべく正に8弦ベースだけで録音に臨むことでした。

使った8弦たちです!


メインで使ったのはこの2本。


お馴染み緑のConklin Sidewinder8弦のツインズです。
同じベースに見えますが、右はフレットレスベースなんですよー^ ^



そして、この子も使いました。
Tuneの33インチの8弦です。バックアイバールのトップが目を引きます!
とっても弾き易くてすっごく気に入ってます。
ボディのコアがアルダーなので少しおとなしめな音なので、今回はバッキングで主に使いました。

アンプはいつものこいつ!
SWRのレッドヘッド!!


今回のレコーディングはワタクシとしては初めてのアンプのマイク録りオンリーでございました。
通常のレコーディングだとライン7割、マイク3割、くらいな感じなので最初は戸惑いましたが、そもそもアンプで積極的に暗色を作るタイプなので、結果それが良いことに気付きました!!

順調に進んでいたレコーディングですが、この後悲劇が起きることに。


人生初の8弦のみのレコーディング。
時間と共に腕に力が入らなくなってゆく。
今まで感じたことのない感覚。
8弦ベースでの多重録音にも挑戦すべくコードもたくさん弾いたせいか握力が全くなくなってしまい、社長さんに頼み込んでレコーディング日をもう1日確保して頂くことにしました(><)
なんてこったーい
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する